fc2ブログ

第一サッカースポーツクラブ

第一サッカースポーツクラブの 試合結果報告や、活動報告など随時更新していきます。

2023年度 第26回大塚杯(U10)優勝‼️

2023年度 第26回大塚杯(U10)優勝‼️


大塚少年サッカークラブ様に毎年恒例の大塚杯へ招待していただき、4年生10人と3年生2人で参加することとなった。

前日まで降り続いた雨がやみ、晴天の良好なコンディションで大会を当日の朝を迎えた。



予選リーグ① vs中台



序盤は相手陣内で押し気味にゲームを進めるが、相手チームの体を張ったディフェンスに苦戦し、なかなかチャンスを作れない。

試合が進むにつれ、カナメとタカマサが何度かインターセプトからそのままボールを運んで、チャンスメイクをするようになるが、ゴールネットを揺らすまでには至らず前半終了。



後半2分 ハルトのスルーパスに反応したカナメが相手ポケット付近からマイナスのクロスを入れ、決定的なチャンスを作るが、タイセイがシュートミス。

その後も何度かチャンスを作るもゴールを奪えない。

逆に、相手のドリブルでの仕掛けに対し、足だけで迂闊に取りにいったところをダブルタッチなどで綺麗にかわされ、何度かピンチの場面を作るが、トキト、イッケイ、チカシが必死に守り、相手の得点を許さない。

このまま試合終了となり、初戦は0-0の引き分けに終わる。



予選リーグ② vs大成

いつもと違うポジションで起用した影響か、序盤はボール保持時の陣形が縦に浅く、横に狭い状態となり、低学年のような団子サッカーとなってしまいパスが回らない。

前半7分 なかなか自分たちの攻撃の形を作れない中、相手のビルドアップをジュンペイがインターセプト。そのままニアハイにミドルシュートを突き刺して先制。



後半2分 相手ゴール前でのこぼれ球をカナメが蹴りこみ追加点2-0。

後半4分 相手が大きく蹴りこんできたボールをGKときとが飛び出してクリアを試みるが、キックミスとなり、相手にボールを渡してしまう。そのまま無人のゴールに蹴りこまれ2-1。

後半5分 右からのカナメのクロスをファーサイドで待っていたタカマサが合わせるが、枠を外れる。

後半8分 相手陣内でインターセプトしたボールをカナメがそのまま左サイドにパス。タカマサが逆足でゴールに蹴りこんで3-1(ゴールライン付近に残っていたボールを念のためタイセイが蹴りこんでいた。タカマサのゴールだが、ゴール前に詰めてしっかり押し込むのも大事)。

このまま3-1で試合終了し、1勝1分けの2位通過で決勝トーナメントへ。



準決勝 vs上池袋



試合開始30秒 相手のロングボールに対し、ボランチとCBの連携ミスからこぼれたボールを相手エースに綺麗に蹴りこまれ、早々に失点。

声をかければ簡単にクリアできるプレーなのに、予選リーグと同じようなミスが出てしまった。いつまで経ってもコーチングの声が出ないところが、4年チームの弱点。

前半9分 こぼれ球を拾ったユウタが遠目から強引にシュート。さすがに遠すぎる、、、と思っていたら、相手GKが弾き損ねて、1-1の同点に。

前半10分 先ほどの失点で動揺があったのか、相手GKがDFにパントキックを当ててしまうミス。こぼれたところをコウが綺麗なループシュートを決め、2-1と逆転。

相手の動揺が大きいうちに畳みかけたいところだったが、試合が膠着状態となり、そのまま前半終了。



後半4分 FWと両SHによる相手陣内でのプレッシングからボールを奪い、コウがシュートを打つが、惜しくも左に外れる。

その後は、終始相手陣内でゲームを進めるが、ゴールを奪うことができない。

何度かカウンターを受けるものの、カナメ、タカマサの両CBが跳ね返し、ペナルティエリアまで蹴りこまれたボールはイッケイが安定してボールをキャッチする。

2-1のまま試合終了し、決勝進出。



決勝 vs大塚

前半6分 コーナーキックからのこぼれ球をユウタが冷静にゴールに突き刺して先制。

前半10分 カナメが自陣から相手ディフェンスライン裏へ蹴ったボールを走りこんだタイセイが落ち着いて決め、2-0。

前半11分 相手DFのクリアミスをタイセイがハーフボレーで見事に叩き込み3-0。



後半4分 ファーサイドにふわっと上げたコーナーキックをタイセイがヘディングで決め4-0。

後半10分 ショートパスをつないでゴール前までボールを運び、イッタがシュート打つが、相手GKがナイスセーブ。

後半11分 コーナーキックからのこぼれ球をケントがシュートするが、惜しくも左に外れる。

後半14分 相手DFのクリアミスをタイセイが押し込み5-0。



このまま試合終了となり、今年も大塚杯に優勝することができた。

結果的に優勝はできたものの、従来からの弱点(コーチング、体を張ったディフェンスができない)は相変わらずで、来年度へ向けて課題の残る大会となった。



4年ヘッドコーチ 秋本










「第26回大塚杯 (結果)」はこちら

 | HOME | 

カレンダー

« | 2024-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ